1

真壁技研

トップページ>>会社案内

会社案内|株式会社真壁技研

会社案内

真壁技研 会社案内

会社沿革
昭和27年 仙台市土樋16番地於いて真壁平一郎合資会社真壁鉄工所設立
昭和31年 特殊チタン反応塔の製作により東北大学より感謝状を受ける
昭和32年 SM式自動小包み区分器の製作にて郵政局より感謝状を受ける
昭和36年 真壁佐久江代表取締役となる
昭和38年 チタン真空アーク溶解炉納入により東北大学より感謝状を受ける
昭和41年 グローブボックス製作により工業技術院より賞状を受ける
昭和44年 真空凍結乾燥装置製作により日刊工業新聞より賞状を受ける
昭和54年 液体急冷装置(アモルファス作製装置)の生産販売を開始
昭和59年 ハイブリットマグネット製造により東北大学より感謝状を受ける
昭和61年 株式会社真壁技研に社名変更
平成 3年 真壁英一代表取締役に就任
平成 3年 単分散粒子作製装置開発着手
平成 5年 60Kg溶解用ガスアトマイズ装置完成
平成 8年 150Kg溶解用アモルファス作製装置完成
平成 9年 金属ガラス球作製装置を東北大学と共同開発
平成11年 30kg薄帯製造装置完成
平成11年 七十七ニュービジネス助成金受賞
平成12年 金属ガラスパイプ作製装置開発
平成17年 コンバージミル開発
平成17年 金属ガラスパイプにより日本金属学会より技術開発賞を受ける
平成20年 コンバージミルにより粉体粉末冶金協会より粉体粉末冶金協会新技術・新製品賞を受ける
平成26年 株式会社真壁技研・沈阳广泰真空科技有限公司・株式会社FKC-techにて中国に合弁会社FINETECを設立
会社概要

●代表取締役/真壁英一
●創立年月日/大正11年
●資本金/1,000万円
●従業員数/18名
●敷地/1814㎡
●事務室・設計室/294㎡
●工場・倉庫/620㎡

所在地

〒983-0036
宮城県仙台市宮城野区苦竹3丁目1番25号
TEL/022-235-1614 FAX/022-284-8297
仙台駅からのアクセス
仙台駅→苦竹駅(仙石線)8分
苦竹駅→真壁技研(徒歩)10分


大きな地図で見る

代表挨拶

 大正8年(年)創業以来、科学技術の発展に必要な開発装置を手がけ、数々の試作装置を研究部門に納入してまいりました。資源の無い日本国では科学技術の発展こそ将来の産業の種になり、国民生活の豊かさにつながるものと思っております。しかしながら、技術者はただ単に新規技術の発展だけではなく、真の豊かさを求めるための開発でなければならないことを心に留めていかなくてはならない時代に入っていると思っております。

技術的展開と発展だけを求めるのでは無く、研究テーマがどんな目的を持って真の豊かさにつながるのかを衷心より考慮しながら従事していくこと、その行為自体が本当の豊かさや生きがいやりがいにつながることを願い日々研鑽しております。ここに、これまでご支援いただいた多くの皆様方に感謝するとともに、今後、より一層社会にお役立ちできる企業として精進いたしますので、ご指導賜りますよう厚くお願い申し上げます。

  • 施設見学、装置見学も可能です。
  • 運転方法のご相談承ります。
  • 納品後のアフターフォローも致します。



クリックすると拡大写真が表示されます。

インターン実施

平成28年度 インターン実施内容です。